構造化されていないコミュニケーションである「口頭での会話」をテキスト化したものであるチャットに構造化の機能を持ち込むべきではない。

Slack のDM / グループDM / プライベートチャンネルは真に隠す必要がある情報を扱う場合以外で使うべきではない、という理解のもとで

  • 一覧性に欠ける
    • チャットを眺めているだけでは "N replies" と書いてある四角が見えるだけでどうにもならん
  • 目の前で発生したスレッド以外発見できない
    • ずっと Slack に張り付いていても、たまたま画面上に出ている範囲外で始まったスレッドを見つけられないのは異常
    • この画面をスクロールせずに上の方にスレッドがあるのを発見できますか? 俺はできない
      • この画像の場合は本当は上にスレッドなぞないが、ないことを確認するためにもスクロールしないといけないんですよ
  • スレッド表示を閉じた後、発言が追加されたことを発見できない
    • 一度発言していれば必ず通知が来るようになっているが、そうではないスレッドで唐突に重要な会話が発生していることを認知する方法はない
      • 一度発言したスレッドで未来永劫通知が来るのもけっこう鬱陶しい
  • 発言の主のみに届けば良いという見方もあるかもしれないが、それは結局 DM と同じではないか
  • Emoji reaction も全く同じ性質を持っているが、重要度が全く違うので問題だとは思わない

どうすればよいか

  • 口頭での会話と同じように、「そういえばさっきの話だけど……」と断りを入れれば良い
    • 言及先(返信したい)発言の permalink を自分の発言の最後にペッと貼り付けてあげれば Slack がいい感じに展開してくれるので、それで十分だと思う
    • 古典的だが、 "僕はこう思います > (言及先の話題)" 的なやつでもいい
  • 話題が同時並行となってしまうことはあるが、2並行ぐらいならばさほど混乱せずに追える人が多いと思う
    • スレッドが生みだす弊害よりと比べると、多少の混乱のほうがよほど受け入れられる